やることを階段にする

人は「選択をする」ということにストレスを感じるそうです。

やることが多すぎて、頭がパンクしそう!と思ったり、

やる気ががくんと落ち込んでしまったり・・・という経験はありませんか?

私はしょっちゅうです。

選択肢が多すぎると、人の思考は停止する傾向にあるのだそうです。

そんな時は、一つ一つやるべきことを明確にして、

階段を登るようにこなしていきましょう。

まずは、散らかった情報を整理して、

やることの階段を作ります。

階段ができたら、あとは一段一段登っていくだけ。

正しく階段を組み立てられていれば、

そのうち登りきることができるでしょう。

うまく登れなくなったら、階段を組み替えます。

階段づくりにあまり多くの時間を使うのは不毛ですが、

階段づくりが、案外楽しかったりもしますよね。

良い階段を組み立てれば、

あとは楽しく登っていくだけです。

 

 

文・Natte

写真・Inaba Keita