使命感について

 

使命感というものがあります。

自分をヒーローのようにおもうことで、だれかを助けることができる。

人は支え合って生きている。

だれかの一瞬を、人生のひとときを救うことができる。

 

いつかの自分が、誰かの言葉や、なにかの行動に救われたように。

 

使命感にすがりすぎると、ふとむなしくなる時があるかもしれません

 

慣れることに、違和感を感じてしまうとき。

誰のために、なんのために、やっているのか、ふとした瞬間に見えなくなるとき。

 

人は、思いのほかたくさんいるし、

人の心を考えないような人も思いのほかたくさんいて、

つかれてしまうとき。

 

使命感って、最初はきっと、自分のためだったり、

うんと身近な誰かのためだったんじゃないでしょうか?

 

迷ったときこそ、身近なことを大切にしてみる。

自分のためを大切にしてみる。

そうゆう時間が、人には必要なのだと思ったりします。

 

文・イラスト Natte