障害や壁の乗り越え方

何かをしようとする時、

障害が生まれたり、壁があると感じることがありますよね。

その壁や障害をつくっているのも、

すべて自分の心なんだと自覚すると、

行動が変わり、結果に変化が訪れます。

ネガティブなことが起きることはあります。

他者がネガティブな要因を運んでくることもあり、

時に自然災害という防ぎようのないものの場合もあります。

どうしようもないくらいマイナスの状況に陥った時は、

「これは自分が選んだ」

または、

「この状況に対し、どう捉えるかは自分自身だ」

と考えてみる。

それでも、きついことは色々ありますが、

少なくとも、誰かの何かのせいにして生きていた頃よりは、

状況を乗り越える力がつき、

心揺さぶられることは減っていくはずです。

いくつになっても、

社会的地位やお金があっても、

どんなに偉そうにしていても、

人は傷つくことから逃げられません。

ただ傷ついた時の対処が上手くなるだけです。

傷ついた時に、

逃げるのではなく自分自身と向き合うことを選べたら、

心の問題から発生する「できない」や「困難」は、

次から起こる可能性がグッと減るんじゃないかな、

と思ったりしています。

 

 

文・Natte

写真・Inaba Keita