「自分自身」から自由になる難しさとは

「自分自身から自由になる」

という問いに対し、どんなことを思うでしょうか。

人は自分で思っている以上に、

自分自身に縛られています。

過去のトラウマ、

幼少期の環境、

そこで培われてきた考え方etc…

壁を超えられない理由も、

人生がうまくいかない理由も、

すべての答えは、

自分の内側に隠れている場合がほとんどです。

自分とあまりにかけ離れすぎているものには、

不思議と、なかなか興味が湧かなかったりするもの。

嫌いなものというのは、

生理的にどうしても無理だ、という場合もありますが、

何らかの自分との共通点だったりする場合もあります。

何かしら嫌悪感を抱く対象は、

成長のヒントが隠されている可能性が高いです。

 

そこを放置し続けると、

結局同じような出来事や状況に、

邪魔されたり悩み続けることになります。

「人の振り見て、我が振り直せ」

 

嫌いなものに出会ったら、

それは成長のチャンスかもしれません。

 

ただ、どうしても生理的にダメな場合もあったりするので、

(例えば嫌な臭いとかは、もうどうしようもないなって思います)

そこはキチンと区別した方が良いと思います。

 

 

文・Natte

写真・Inaba Keita