ないものを数えるより、あるものを数えてみる

 

生きていると、どうして自分には何もないんだろう?と思う瞬間がありませんか。

 

 

言葉にならない苦々しさだったり、

心に空白があるような気持ちだったり、

どうしようもなく泣きたくなるときがあります。

 

 

そんなとき、自分にないものを

ひとつ、またひとつと数えてしまうかもしれません。

 

 

ノートや紙とペンを用意して、

あるものをひとつひとつ書き出してみてください。

 

・友達

・思い出

・好きなこと

・家族

・褒められた記憶

・かけられた言葉

・おいしかったもの

・楽しかったこと

どんな小さなことでも構いません。

 

 

誰かが「ありがとう」と言ってくれた。

そんなことで大丈夫。

 

 

ひとつひとつあるものを繋いでいったら、

自分自身の持っているものを再確認できます。

 

 

生きている限り、何もないということはあり得ません。

 

だって、そこにあなたがあるのだから。

 

 

一人で生きているように錯覚するときがあります。

 

そんな時は、思い出してみてください。

 

自分を豊かにしてくれる小さなものたちのことを。

 

明日が今日よりちょっぴり素敵になりますように。

 

文・絵 Natte