自信を持つ必要はない

自信は一度持ってしまうと、失う時があります。

下手に自信を持とうと努力すると、モチベーションのアップダウンに悩まされます。

「自信」とは自分を信じると書きますが、

自分で自分を信じられない時もあるでしょう。

そんなときは、

他者から見たときに信頼される行動は、なんだろう?と、

他者軸で考えてみるのも良いのではないかと思います。

自信は主観だけでも成立しますが、

他者から信頼されるためには、

客観的な視点が必要だったり、

行動や発言が問われます。

そもそも本当にやらねばいけない場面においては、

自信があろうがなかろうが、やらねばなりません。

「自信があるからできる」

という部分も確かにあるでしょう。しかし、

「やったから、自信が持てた」

ということも大いにあります。

自信はないより、あった方が良いとは思います。

しかし、自信は持とうとして持てるものではなく、

必要なことをやった結果、自然に芽生えてくる結果論のようなもの。

自信があってもなくても、やるしかない。

そうゆう状況を経験して、なにかを感じることが大切なように思います。

大切なことはシンプルに、

「やるか、やらないか」という決断を下す。

ただそれだけのように思います。

 

絵・文 Natte