我慢すること・頑張ることは、傲慢を生む?

 

我慢すること。

頑張ること。

それらが大切なことだと教わってきた人も多いはず。

 

我慢と努力は良いことだ、と。

 

 

しかし、我慢をするということは、

傲慢な気持ちを生むという考え方があるのだそうです。

 

 

仏教の教えなのだそうですが、

自分自身の心を振り返ってみたときに、

ストンと腑に落ちることがありました。

 

 

我慢したり、

頑張りすぎているとき、

「どうして自分ばっかり・・・」

と思うことはありませんか。

 

 

視界がどんどん狭くなって、

自分だけが我慢していたり、頑張っていたり、

辛い思いをしているような気分になってきます。

 

そのときは一生懸命なのですが、

我慢や頑張ることから解放されたときに気づくこと。

 

 

私だけが我慢している、頑張っていると思っていたのは傲慢で、

周りが全然見えていなかった。

人の気持ちをちゃんと考えていなかった。

悲劇のヒロインやヒーローの気分に浸っていたいだけだった。

 

 

我慢すること。

頑張ること。

それはときに大切なことでもある、と思います。

 

 

しかし、自分ばかりに意識が捉われていないかと、

自分の状態をチェックすることを大切にすることを怠らないこと。

 

我慢しなくても、頑張らなくても、

よりよく楽しく今を生きる方法はないかと工夫してみること。

自分も周りも楽しく、気持ちよくなれる状態を探してみること。

 

それこそが本当の意味で「頑張る」ということではないか、と思います。

 

絵・文 Natte