夜が空けて、朝のひかり

あのひかりが、良い感じだった。

あの日の海。

好きないろ。

散歩しながら見る、雲のもよう。

誰かとすごした、珈琲とお酒の時間。

書いてみたけど、出さなかった手紙。

ノートに書いた、未来のスケッチ。

 

日々、淡々と落ちていくお日さま。

日々、淡々と、

 

写真 keita inaba

文  natte