お腹にやさしいシンプルな焼きリンゴ

食欲のない朝や、ちょっと疲れたときのおやつに。

ー材料ー
・りんご 1個
・水(100〜200ml)

りんごをうすく切って、フライパンでそのまま焼きます。焦げ付かないように水を足し、水がすべて蒸発したら出来上がり。焦げ具合はお好みで。

弱火でじんわり焼くことで、りんごの自然な甘みが引き立ちます。

<アレンジ>

酸味が強いりんごには、お砂糖やはちみつを。

お腹にボリュームが欲しいときは、こんなものを足してみても◎

・オリーブオイル

・ココナッツオイル

・クリームチーズ

・くるみ

 

<からだに期待できること>

有機酸、ペクチン、カリウムが含まれていて、

疲労回復、整腸、塩分排出などの浄化作用があるそうです。

皮にはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用が期待できます。

(抗酸化効果:アンチエイジング、怪我の回復など)

 

りんごは温めることで、整腸作用や抗酸化作用がアップするので、

からだにとっても、焼きリンゴは嬉しい効果が期待できそう。

 

寒い季節のおやつにぴったりです。

 

文・写真・レシピ:Natte