エーリッヒ・フロム「愛するということ」

natte-エーリッヒ・フロム

愛は技術だろうか。技術だとしたら、知力と努力が必要だ。それとも、愛はひとつの快感であり、それを経験するかどうかは運の問題で、運がよければそこに「落ちる」ようなものだろうか。この小さな本は、愛は技術であるという前者の前提のうえに立っている。しかし、今日の人びとの大半は、後者の方を信じているにちがいない。

エーリッヒ・フロム「愛するということ」

絵 natte