“LYKKE《リュッケ》人生を豊かにする「6つの宝物」”

LYKKE《リュッケ》人生を豊かにする「6つの宝物」

LYKKE(リュッケ/幸せ)▶︎北欧デンマークの心あたたまる暮らし方「ヒュッゲ」の原点になる考え方。

TOGETHERNESS =人と共にあること

必要なときには友人が助けてくれると信じていること。

誰かと共にゆっくりと会話を楽しみながら食事をすること。

心地の良いコミュニティ交流を持つこと。

他者と比較をしないこと。

MONEY=バランスの取れたお付き合い

「お金さん」と「幸せさん」ふたりのステータスをFacebookに載せるなら「複雑な関係」

貧困社会の不安定さを解決するのは、意味のあること。

しかし、何かを多く持てば持つほど、そこから得られる幸せは減っていきます。

豊かになればなるほど、人間は新たなレベルの富に順応してしまうということがあります。これを「快楽のランニングマシン」と呼んでいます。

⇨幸福とお金は切り離して考えよう。お金があるから幸せなのではなく、幸せだからお金を引き寄せられるのかもしれない。

HEALTH=心も体も満たされる方法

健康であれば、遊びも冒険も幸せも追求できる。

・落ち込んだ時は、とにかく歩こう

・五感を使おう

・森や海や湖へ。自然の中で深呼吸しよう

・からだの不調を隠さないで

・からだにやさしい食べ物を少しだけおいしく食べよう

FREEDOM=「本当に大切なもの」を見つけよう

自分の人生の進路を自ら選んでいると感じなければ、本当に幸福にはなれない。

職場、家庭、働き方、通勤時間、パートナー、人間関係etc…

自分の人生の進路をどれくらい自分で選べているだろう?

TRUST=心地いい「サポートの輪」のつくり方

競争から協調へ。仕事、社会、家族、信頼してるだろうか?

《 子どもの共感力を高める5つの方法 》

  1. 散歩しながら妄想する⇨歩きながら見かけた人の人生を想像してみよう
  2. 表情を描く⇨紙の真ん中に顔を描いて、いろんな表情を描いてみよう
  3. 見つける⇨見つけた気持ちを報告しよう
  4. ジェスチャーで示す⇨手を後ろに組んで話、次にその内容を身振り手振りだけで表現しよう
  5. 音を消してみる⇨好きなアニメや映画を音なしで再生してみよう

KINDNESS=だれかを笑顔にするために

だれかを喜ばせる小さなおせっかいをしてみる。

笑顔で話しかけてみる。

ポジティブなものに目を向ける。

 

 

LYKKE《リュッケ》人生を豊かにする「6つの宝物」

マイク・ヴァイキング著

アーヴィン 香苗 訳

 

写真 keita inaba

まとめ natte